Out Of Anchu 「第二の使徒来襲」の巻

暑~いぃ~、沖縄と全く別の暑さじゃ~。

ルート選択大失敗!

行きは日本海側走ってて気持ち良かったから、帰りもまた瀬戸内海側で海見ながらルンルン気分でと思ったら、一ヶ月前と気温が全然違うじゃありませんかーい。
野ざらしで走っているとヤバくね?超ーヤバくね?
いや、ホントヤバいんす11時~15時くらいの間、思考能力停止。
コンビ二すんげー涼しくて気持ちイーっす。アタイよくその時間コンビ二でたむろってるよ。
明日からぜってぇー山越えルートに変更してやるんだ、気持ちよく走ってやるからな!

そうアタイは現在、兵庫県まで戻って来ましたぜ。
沖縄→鹿児島→大分→山口→兵庫な感じね。

で、思ったのが沖縄との暑さの種類の違い。
沖縄到着したとたん思いましたよ、あちぃ~って。でも、
  沖縄:日差し強烈!しかしながら、風が爽やかで日陰に入ると心地よいっス。
  内地:日差しまぁまぁ強し。風がジトって絡みつき、日陰でも汗が~。
ってな具合。
だから沖縄をバイクで走ると風が気持ち良いのですよ。だからって調子こくと、火傷です。

フフ・・・、アタイもやりました、初日に3時間程半袖で走行しただけで腕が真っ赤。夜ヒリヒリ~。


まぁ、沖縄のことはおいといて行きの島根での出会いのお話ね。
今回は、みなさん待望のギャルですよ。

海岸沿いの白い砂浜でキレイな海の見えるところにテントを張ることにしました。
少し離れたところにも大学生と思える男女の集団がいるのは分かってたけれども、夜になるにつれて彼らは酒を飲んで大ハシャギ。スイカ割りなんぞ始めてます。
アタイはっていうと、「ウッセーなぁ。」と「みんなで飲んで騒いで羨ましいぞ、コラ。」の両方の気持ちで一杯になりつつ、200円くらいで買ってきた鯛のカマを網焼きしながら日本酒を一人お父さん飲みでした。
そんな感じで過ごしてると21時くらいに突然背後から「すみませーん、ここテント張って平気なんですか?」の声。
あらま、スイカ割りグループが気になって声かけられるまで不覚にもバックをとられていることに気づきませんでー。

「大丈夫ですよー。」と振り返るとキュートなギャルではありませんかーい。
しかも、50ccの赤いカブがそばに~。

彼女が真っ暗な中テントを張り終えた後、彼女持参のさつま揚げを網で焼きながら旅トークで盛り上がって、スイカグループに負けないくらい楽しいひと時を過ごしました。

以下恒例のQ&A。
 Q:お住まいは?これからどこ行くの?
 A:福岡に住んでて、今朝出発。ここ(島根県)まで300Km走ってきましたー。これから北海道  に行くところです。
 Q:何しに行くの?
 A:イモ掘りに。イモ掘りたいんです。
 Q:50ccで独り旅すごいねぇ。
 A:さっき、道端の溝にスポってはまっちゃて~、通りがかりのバイカーの人達に助けてもらっ  ちゃいましたよ。

ってな感じのコです。アタイは心の中で素直に「スゲーかっこいいコだ。」と関心しちゃいましたよ。
旅は出会いと別れです、ハイ。

d0023622_1395864.jpg

島根の前に立ち寄った鳥取砂丘。創造では砂の丘を越えてもはるかにまた丘が続いていく感じかと思っていましたが、そこまではでかくなかった。でも、人がちっちゃく写っているから分かりますが、それなりの大きさはもちろんあります。ラクダもちゃんといました、が、写真撮るだけで金かかるとのことで撮りませんでした。



d0023622_158463.jpg

山口県萩市の今も一部残っている江戸時代末期の町並み。伊藤博文の家等も現存。島根の次の日に行きました。


 
[PR]

  by macbeth30 | 2008-07-21 02:04 | 旅日記

<< Out Of Anchu 「あ... Out Of Anchu 「歴... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE