Out Of Anchu 「ブンブン~」の巻

「それにしても東京は人が多いものだなぁ~。」

これ戻ってきてから町へ出たときすぐに思った感想。
人の流れにちょっとした恐怖を感じるまでにまだ野生生活が抜け切れてないAnchuから今回もバイク旅行日記をみなさまへ。


考えてみると沖縄を制覇してからの帰宅までの時間がそれまでと比較して異常な早さであったと思う方もいたはず。
その通り!7月18日にフェリーで鹿児島に戻ってきてからの復路は完全にワテは全力疾走ー。夜10時くらいまで一日走り通しだったことも。25日まで完全に時間に追われての生活であったのですよ。

さて、なぜワテは時間に追われてたのでしょーか?
「ん~、スケジュール管理が甘いから!」
当ったりー!その通り。確かにスケジュール管理が甘かったからなのです。
で、何のスケジュールに追われていたかと言うとですなぁ、毎年7月終わりの週末にやってくるアレですよ、「フジロック」。
今年もヤツをなんとか観に行かなくては夏が始まらん~と心の中で唱えながら、沖縄から苗場まで1週間の間バイクで疾走していた訳であります。

で、反省したのが「全力疾走しなくてはいけない旅は面白くない。」ってこと。
もちろん旅においてある程度の大枠を事前に決めておくことは大切。例えば「どこどこの町のなんとかっつー世界遺産をワテは絶対見る!」とかね。
けれど、そこにスケジュールをびっしり細かく詰め込んじゃうとせっかくの未知の経験をしっかり味わって消化することができないのでして。

どっかの観光スポットを観に行く。そしたら、たまたまいたおっさんに「近くの何とかっつー店美味しいから寄って行った方がいいよん。」って教えられて行ってみる。
観光スポットを目指して道を進む。「おや?あそこに見えるアレって何?」「よっしゃー!寄り道じゃい。行ってみよーっと。」
やっぱり、旅の醍醐味はコレ。ワテは、フラフラ~と漂う旅が好きであります。

「いやぁ、復路の苗場までの旅路の印象が薄くて~。」そいつが今さらの後悔であります。


さてさてここらで、往路のお話「九州編」へいざ!

山口県下関市はなんとなくのどかな所でありましたが、関門トンネルを抜けて福岡県北九州市に入るといきなり印象がガラリと変わって川崎の港付近のような雰囲気を感じました。
あたりには一面「九州~」という会社の看板が目立っていて、「あー、もう引き返せないとこまで来ちまったぁ~!よっしゃ、やったる!」と気を引き締めつつ国道3号線で西へ移動。

時は6月30日、梅雨であります。下関市の時から雨がポツポツと降り始めていましたが、北九州市のスペースワールド付近からザァザァ本降りに調子を上げてきました。
前にも言いましたが梅雨時の雨ってのは、バイクではいい事全く無し。福岡県内の3号線は都市部を通っていて道幅も広く、まあ今回は昼過ぎの雨ってことで憂鬱ではありましたが特に大きな問題はなく移動を続けとりました。

ところが、宗像市に入ったとたんに周りの車の流れが一気にスピードダウン。
「ん?何ざんしょ?・・・検問?事故?」と不思議に思いつつ雨の憂鬱さもあって、トロトロ走る車の隙間を縫いながらワテは前へ前へ。

      「げ!しまった!」
思った時にはすでに遅し、完全に接近しすぎておりましたのですよ~。


久々に見るあのお方達。
「ブン、ブン、ブブブン!」と全開に間違いなく唸っております。
ワテのバイクのすぐまん前には、10数台の少し純正でないバイクのお方達がぁ~。
一番後ろに位置するバイクに2人で乗っているお方はコッチを向いてニヒルスマイルであります。真ん中あたりにはヤマトな形のも見受けられます。

ワテはこういった状況でのこういった方々とのコミュニケーションのとり方がいまだによく分からないんで、まさに「どーする?どーする?俺どーする?」状態。

スィっと左に入ってやり過ごすのもありかなって思いましたよ。
でも、あちらは全く気にしてなくてもこちらはイロイロ誇大妄想炸裂です。最悪の妄想が働いてしまい、何台か追いかけて来るイメージがぁ~。
仕方なく、接近しすぎている車両間隔を徐々に気付かれないよーにそぉーっととそぉーっと開けていくいく作戦に。

イロイロなバイク集団の一番後ろにテントやら登山リュックやらの荷物満載のワテのバイク。
しばらくの間周りから見ると面白い光景だったんじゃないかと(笑)。

緊張感の中、見事作戦成功っす!
こちらを振り返っていた彼も振り返らなくなり、ワテも一般車両の中に紛れ込むことができましたよ。よかったぁ。

そして、しばらくすると彼らは全員一軒のガソリンスタンドの中へ。
それに合わせて周りの車もいっせいに何かに取り付かれたかのようにスピードアップ。

なんだか少し疲れた九州初日の出会いでありました。

d0023622_21432049.jpg上記の出会いの後、博多で一泊。写真はその次の日に泊まった熊本の無料キャンプ場の炊事場。
まむしとの出会いはカンベン~と思いつつ夜はとりあえず酔っ払ってやり過ごす作戦に。

d0023622_21521714.jpg宮崎県にある天翔大橋。長さ260m、高さ143mでコンクリートのアーチ橋としては日本一長い橋と同時に高い橋。
[PR]

  by macbeth30 | 2008-08-03 22:04 | 旅日記

<< Out Of Anchu 「ロ... Out Of Anchu 「あ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE