Out Of Anchu 「ログハウスパワー!」の巻

ここらで、オイのバイクな旅で過ごしてきた平均的な1日の流れを紹介しときましょーかね。
基本のフレーズは「太陽と共に」の一発であり、昔人の生活といえそーですなぁ。その理由は、日の明るいうちにテントを張り終えてディナーの準備まで整えておきたいってのがあるからなんですわ。

朝、5時前後に起床。顔洗ってボケ~っとしながら日の出に感動。いかんいかんと思いつつ、鍋で米を炊いて食事。暑くならないうちに即座に撤収の準備へ。(こいつが毎日結構時間がかかるんですよ~。)7時30分頃逃げるように出発進行ー!
 
☆めったにないけど万が一寝坊すると大変。片付けの最中に山の中でも熱気がやって来てTシャツが絞れるぐらいに汗だくに。朝からブルーな気分満喫ですぜ。


昼、12時頃道端の旨そうなラーメン屋、定食屋等を直感的に選び潜入ー!

☆12時ってのは理想な時間。運悪く山奥に入っていたりすると3時間走り続けても店が発見できないことも。そん時は泣く泣くランチ抜きでごわす。


夕方、4時頃宿営地に到着~。30分くらい休憩を兼ねつつ周りを散策。平らで岩が少ないイイ所を見つけたらテントを張って、6時まで読書等のフリータイム。6時にバイクで近所の目を付けておいた温泉に入りに行って、その後スーパーへ買い出しにゴー!

☆ホントあくまで理想というか希望ね。温泉なくて風呂入れなかったり、それが何日か続いてヤバい時は夜中に公園の水道で体洗ったことも。浮浪者気分も満喫済みっす。


夜、7時30分頃から炭をおこしたりしつつディナータイムになだれこみます。ぬる~くなったBeerと日本酒、泡盛等で現場は最高潮っす!そして10時頃睡魔に襲われ力尽きる。。。ZZZ

☆時には雨のためテント内でスルメを片手に盛り上がることも。

まぁ、話すとこんな感じになりますかなぁ。ケースバイケースでかなり流れは変わってきますけどさ。

さてさて日記へと移り、九州後半戦へ!
前半ではちょっとゴツい出会いがありましたが、後半はほのぼのな出会いがいくつかありましてイイ思い出となりました。

7月1日、オイは熊本城から東の阿蘇山を抜け宮崎県の海岸線に到達。そのまんま東を起用した看板を無数に見つつ、国道10号を海づたいに南下してその日は日向サンパークという道の駅に付属しているオートキャンプ場に落ち着くこととしました。
そこは有料でバイクの場合500円かかるのですが、テントスペース1つに対してちゃんと電源が1つ、駐車場が1つ付いており、道の駅内には温泉も。他にも素敵なログハウスも大小点在していてこの旅の中でも環境としては最高級のキャンプ場と言えます。

そういった状況を見学しつつオイは受付へ。中を覗くと誰もいません。建物をぐるっと回ると横っちょで椅子に座ってタバコ吸ってるイイ感じのオジサマがおりまして。
「こんにちはー!テント張って一泊したいんすけど。ここでイーんですかねぇ。」声をかけると、「いつ泊まるの?」とオジサマ。
「今夜です。」「今夜ぁ?」とオジサマは言いつつ、オイの前日、熊本のマムシのキャンプ場で虫に刺されまくって無数に赤く腫れまくっている手足を見ております。
「今夜雨がかなり降るらしいぞ。」見上げると確かに空があやしくなってきてましたが、「雨は覚悟の上っす。他に行くとこないんで~。」とオイ答えました。
ところがオジサマは「ふ~ん。」と言ったまんまの沈黙であります。オジサマは宮崎弁で会話してきてるんで気持ちを読み取ることが困難でもありまして、(ありゃ!?オイもしかして嫌われちまったのかい?あぁ~風呂入ってヒゲちゃんと整えてから来るんだったぁ。)と後悔しましたよ。
が、しばらくして意外にもオジサマの口からは、「雨の中じゃあゆっくり寝れんだろう。あそこにログハウス見えるだろ?あそこの鍵をサービスで貸してやるから使っていいよ。」というセリフが。横に貼ってある料金表を見てみるとログハウスの一番安いので5000円以上しています。
「エっ!マジいーんすか?」「オウ!マジマジ!イーよ自由に使いなって。」
さらにオジサマは、温泉の割引券も渡してくれました。

その晩は雨が降るということもあって、自炊はせずに温泉のとこにあるレストランで食べることに。温泉まで行って受付でレストランは何時までやっているのか聞いたところまだ時間がたっぷりあるようです。
そこで、のんびり浸かってから時計を見ると、あらあら、あと30分でレストランが閉まる時間じゃん。イカンイカン急がなくてはとレストランに駆け込むんだのですが中のオバチャンが「ラストオーダー終わっちゃってるんですよ。」と無惨にも一声です。
コラー、受付の人!ラストオーダーの時間も教えといてちょーだいよ~。オイはもうBeer飲んじゃってるし、バイクで出れんのよ~。
仕方なく道の駅の売店でさらにBeerとスナック菓子を買って晩餐ということに。

でもログハウスパワーのおかげでその晩オイはぐっすりんこ。久しぶりに大の字になって寝ることが出来ました。

d0023622_223045.jpgサービスしてくれたログハウス。横にテントも合体していて中は10人ぐらいは泊まれる広さ。オジサマの予報通り夜中に雨が降ったが、翌朝にはあがっていてイイ天気でした。


d0023622_225252.jpg
ラーメン激旨っー!キレイな店でも汚いボロボロの店でもどこ入ってもほぼハズレなし。九州では毎日昼はラーメン食っておりました。
[PR]

  by macbeth30 | 2008-08-09 22:32 | 旅日記

<< Out Of Anchu 「続... Out Of Anchu 「ブ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE