Out Of KA10 「番外編 山登りぃ~♪」

秋も深まる10月末の週末、奥多摩へ山登りに行って来ました。
大岳山~鋸山~愛宕山を縦走し、温泉入って帰って来るというプラン。
ハイキングガイドブックによれば中級コースです。

私自身は、高尾山には何回か登ったことあるものの、
最近にわかに山登りに興味持ちはじめた初心者。
友達に山登りするって言ったら
「何のために山に登るの」と、
批判ともとれる質問を
3人に2人はしてきましたよ。
意味わかんねえ、お前ドMだろ的な、

そんな逆風(??)の中、メンバー6人うち経験者1名、(ドS1名)
でいざ登ったわけですよ。
実際登ってみると、紅葉はまだそれほどでもなかったけど、
緑がきれいで空気が新鮮で…

ってのはもちろん最高に気持ちよかったですけどね。

それ以上のものがありました。山ってやつは。

山にはところどころに鎖場という、
鎖が張ってある足場の悪い岩場があり、
鎖につかまりながら登ったり降りたりするわけですが、
これが結構怖い、ちょっとしたアトラクションのようになっていて、
気分はもうたけし城攻略ですよ。例えが古いですけど。

で、結構急斜面で、3、4メートルの崖のようになってる鎖場があったんですが、
崖を降りるときって、普通はイメージとして
鎖をつかみながら崖の方を向いて
後ろ歩きのかたちで降りるじゃないですか。
ですがメンバーの一人はその鎖場で、
怖くて後ろ向けないとか叫びながら、鎖を肩に担ぐようにして
進行方向(谷方向)向いたまま崖を滑り降りてくるわけです。
ありえない光景でした。
崖の降り方がリック・ドムのそれでしたよ。例えが古いですが。
笑えた。

そんな感じで
他にも道なき道を行く(一応登山ルートになってます)みたいな
わくわくどきどき感だとか、疲労困憊したあとの温泉だったり、
非常に充実していて、朝から晩まで1日中楽しさが持続。
一緒に行ってくれたメンバー全員に感謝。

今回はバンドメンバーではドラムスコ・takuAが急用のため
打ち上げ飲みからの参加となりましたが、
次回、山頂付近でのサプライズ参加はあるんでしょうか。楽しみです。
もはやそれくらいでは皆驚かないかもしれませんが。

にしてもこれは相当はまりそうです。
帰ってきてからの乾杯のビールとかかなりやばいですから。

※何事も無く楽しく過ごせたのも経験者による事前準備と計画の賜物です。 
  山登りするときは十分に気をつけてくださいね~。

d0023622_21361434.jpg



d0023622_21381364.jpg



d0023622_20545223.jpg



d0023622_21385115.jpg



d0023622_220346.jpg

[PR]

  by macbeth30 | 2008-10-30 21:46

<< 日記とはなんぞや Out Of Anchu 「第... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE