2008年 08月 19日 ( 1 )

 

Out Of Anchu 「コッペパン」の巻

ヤられた~!
何を?先を越されたんですがな!
まさかの展開発生。
昨日の朝起きてみると、友人のS君から1件メールの着信がありまして
「函館で青森行きのフェリー待ち」とのこと。
どうやらアチキの「南」に対抗して彼は「北」に向かった模様。「北」に異常に憧れを抱いているアチキとしては、悔しくて悔しくて。すませんつい愚痴ってしまいました。

よし、深呼吸で九州最終日の日記を書いちゃる!

7月4日、アチキは前夜から泊まっている鹿児島市内の満喫でゆっくりとした朝を迎えました。この日のメインの予定は日本本土を離れること。

そーなんです。この日は、ついにアチキはバイクでさらに南下すべく18時発のフェリーで島々へ旅立つ日なんです。事前に満喫ネットで調べてみたところ、どーやら車両も乗船させるためには出航の2時間前には港で手続きを完了しなければいけないらしい。
にしても、まだ10時で夕方までは時間がたっぷりんこ。
よっしゃー、市内観光大作戦決行っー!
家からあるだけ持ってきた母親の10年前の黄ばんでいる「るるぶ九州編」を早速開いて、すぐ近くの城山と周辺に行ってみることに。

いやいや、いやぁー、ホントに面白い。
前にちょいと言ったけど、この旅では暇な時は小説を読むようにしてました。しかも読んでいるのは明治維新から西南戦争のヤツ。読んでいる場面がまさに目の前にドーンってな訳ですよ。エキサイティング!こんな興奮はまさに初めて。実物を見て、「話の通りだぁ!」、話を読んで、「ありゃま、実物の通りじゃん。」となるわけですがな。

そんなこんなで、最後の観光スポット「西郷南州顕彰館」(西郷隆盛に関する博物館。入場料100円。建物の隣には西郷を始め薩軍の戦没者の墓がある。)を12時過ぎに出てきてランチでもゆっくり食べよっかね?と思いつつ、駐車場に停めてたバイクまで歩きそこで一服。ボケェ~っとアホ顔をしてますと、前に駐車してある白い1boxから人の良さそうなオジサンが出てきまして「バイクで来たのですか?」という内容を軽い鹿児島なまりで話しかけてきました。

「ここの駐車場はねぇ、高台にあって風通しがいいし日陰があるだろ?周り見てみーよ、完全に外回り連中のさぼり場。」見てみると確かに色んな会社の車があって中の人々はグータラしております。「俺もここで休憩中~。あ、そうそうバイクで走り回ってるんなら腹減ってるだろ?」と彼。ランチにしようと博物館を出たのに、話し込んでしまって気が付くとすでに1時間以上経過しちゃってました。
「昼まだ食べてないんすよ~。」
「ならこれ食いなよ。」と彼は車の中をゴソゴソあさってバター入りのコッペパンをポンッ。「何か飲み物も奢ってあげるよー、何がいい?俺はコーヒーにするけど。」
「あ、ありがとうございまーす。すいません、じゃあお茶をお願いしまっす。」
「買ってきてあげるから車見ててね。」

東京だとこの辺でなんだか怪しい!何に勧誘されるのか?って考えるのが普通なんすけど、地方の方達ってのはメチャ親切で東京から遠く離れれば離れるほどイイ感じなんですわ。やさしくてまっすぐで。イイ!メッチャ素敵!

その後も話続けて、「時間大丈夫?」「俺、この後フェリーで沖縄へ向かうんですよ。4時に港に着いてないとマズいんですが。」「港はすぐまん前だから大丈夫だよ。」「つーかオジサンは仕事はいーんですか?」「いーのいーの。どうせ俺、自由業で中古車の販売やってるだけだから。」結局3時頃まで桜島の噴火の写真見せてくれたりしながらおしゃべりっすよ。
最後に「また九州に来ることあったら連絡してちょーだい。」と名刺も手渡してくれました。

オジサンありがとーう!
全国のオジサンはイイ人が多い。。。

d0023622_1138337.jpg城山のふもとにある明治に建てられた薩軍の本拠地となった私学校の跡。熊本城攻略に失敗した薩軍が敗走して最後に出陣の地であるここに戻ってきた。今も当時の石垣が残っており、無数の銃弾の跡が見られる。現在、石垣の中は図書館等に。

d0023622_1140269.jpg鹿児島新港にあるMALIX LINEのフェリー乗り場。夏休み前だったせいか思ったよりも人はまばら。おみやげ屋のさつま揚げを試食したりしつつ、ここで2時間ほど過ごした。
[PR]

  by macbeth30 | 2008-08-19 11:45 | 旅日記

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE