2008年 12月 15日 ( 1 )

 

映画撮影

例のオクラホマ、極寒の中決行。

昼間降り続けた雨により、エキストラ百人集める予定がスタッフ含め30人くらいかな?

人数足らんちゅうことで、監督キャンベルが
「ka10さん、あのコたち呼んできてください」と
その辺を歩いてる小学生を指差す。

「おう!!」と営業スマイルに心からのスマイルで応え、
11コ下の大学生に言われるがまま、声をかける。

「決して怪しいもんじゃないんですよ、映画の撮影をやってるんです、」
と告げると、

「えっ、嘘!!映画出てえ~!!」と乗り気。


友達呼んでもらったりしてなんだかんだで40人くらいになったかな。

そしてその集団が映画用に用意された白い布を身にまとう。
夕闇の調布の公園に突如として現れた白装束集団。

光景はかなり怪しいです。
そして撮影準備とオクラホマミキサーのダンス練習等で1時間半ほどたち、
さあ撮影に入ろうかというところで
心配で迎えに来たのか、小学生のお母さん登場。

監督キャンベルと年配の方(映画の出演者の方?)がわけを説明。
相当あやしいだろうが、お母さんは意外と冷静でした。

1時間半後に迎えにくるわよ。と言い残し、去っていく。


そして極寒の中オクラホマミキサーを1時間程、何度も繰り返しおどりました。
最初輪が小さくなったり、前が支えたりしていたけど、
おどってる内に見違えるほど旨くなり、無事撮影終了。

胴上げされるキャンベル。最後の挨拶では感極まり涙。


どんな映画になるのか楽しみでございます。


### ka10 ###


[PR]

  by macbeth30 | 2008-12-15 22:39

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE