2009年 10月 01日 ( 1 )

 

TOURE DE JAPON-WEST 9/19 東京戸越銀座~長野樽尾沢

そもそもなぜこの旅が実現できたかというと、今年夏前に会社を辞めてしまい、
10月から新たに活動を始めようとしている僕は現在どフリーの身なのでした。

さて、出発前日の18日、レンタルバイクを府中で借りて、戸越銀座のアンチュー宅へ。
この旅の最初の2日間はアンチューと共に行動するためアンチュー宅に前泊。
居酒屋で前夜祭。
「必ず生きて帰って来るぞ!」と心に誓い乾杯。

そして翌19日、朝4時に起きていざ出発。
都心部もまだガラガラで早朝の朝日と風を浴びながらのツーリングはたまらなく気持ちよかです。
そしてバイクの旅を始めて間もない、八王子を越えて山間部を走ってる時に思いました。
中免が欲しい!中型の自分のバイクが欲しいと。
バイクは、車でのドライブとは明らかに別物の、スポーツなんだと実感。スキーでスイスイ滑ってるような、自分の力で走ってる感覚は車では味わえないもの。楽しい。

100ccスクーターで前を行くアンチューにふりきられまいとアクセルフルスロットル並びに常時前傾姿勢で長野までひた走りました。
疲れもドライブのそれとは違い、スポーツした後の爽やかなもの。
(前傾姿勢によってスピードが上がるのは心理的な面だけだと後に気づいたので、大部分が無駄な疲れ)

見事夕暮れ前に目的地・樽尾沢キャンプ場に到着。
テントを張ってバーベキューを楽しむ。
シルバーウィーク初日とあって他にもキャンパーが何組みか。
最初が二人ってのはとても心強かった。
てんこ盛りの星空を見てほろ酔いで就寝。山の夜は寒かった。


つづく


d0023622_2265760.jpg

希望に胸膨らむ初日、樽尾沢キャンプ場からの夕景。


[PR]

  by macbeth30 | 2009-10-01 22:10 | 旅日記

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE