2009年 10月 09日 ( 1 )

 

TOURE DE JAPON-WEST 9/23 鳥取・柳茶屋キャンプ場~島根・立石見海岸キャンプ場

当初の最終目的地である鳥取砂丘観光を済ませ、
新たに計画していた島根県は出雲大社参拝、
そしてさらにその先を目指し旅を続ける。

途中、鳥取と島根の県境付近、コンビニで小休憩。
コーヒー飲んでさあ行こうとすると、
「府中ってどこの?」
と、バイクのナンバープレートを見て80くらいのおじい様が話しかけてくる。

先を急いではいたが、地元の人と束の間の交流かなと思い、
「東京デス!」
と軽やかに答える。

旅に出てから何回かあったやりとりだが、例に習って驚かれる。

おじいさん「私どもは鳥取まで墓参りに行くんですわぁ。
もう少し行ったところなんですがね、○△■×○…」


~5分後~

おじいさん「何で毛利氏がここの地を争っていたかというと、銀が欲しかったから…■×○▲○…」

…止まらず。


焦る気持ちと交流を楽しみたい気持ちが入り交じりながらも、
楽しそうに熱く語る老人になかなか出発を切り出せず。


~20分後~

おじいさん「出雲大社行く道は混んどるけぇ湖越えたら右折して農道入るとええ。
農道まっすぐ行くとちょうど参道にでるんよ(←3回目)」
(ちなみにこのおじいさん、車にはおばあ様二人を待たせている)


まだ続くのかな~と若干痺れを切らしつつ、
「ありがとうございます!」と礼を言うと、
ほんの一瞬、ご老人は嬉しそうな顔をして、
「気をつけてな。」と言って満足そうに自分の車に乗り込む。

こ、これがオフスイッチだったのか!?もっと早くありがとう言っときゃ良かったか!
と訝りつつ出雲大社へ向けようやく出発。

のんびりしてるなーこれが田舎のリズムなのかな~と、
軽いカルチャーショックを受けて旅行気分に拍車がかかり、さらに楽しくなる。

そして出雲大社到着。
縁結びで有名らしいこの神社、「平成の大遷宮」を控えているため本殿を改修中だかなんだかで、
参拝は御仮殿で行うことに。

「仮」って。俺はこんなにも縁というものに縁遠いのかと嘆くが、
ぎゃ・く・に!何かスペシャルな縁があるかもしれないと、メンタルを立て直して参拝。

良い縁があることを祈り、大社を後に。
この日も太陽を追いかけるようにキャンプ場目指す。

西に走ってるので、太陽の沈むスピードは遅いが、
いかんせんスケジュール詰めすぎのため、キャンプ場到着は日没に間に合わず。
シルバーウィーク最終日、いよいよ周りに誰もいない中での一人キャンプ初体験でした。

これがゾックゾクもんでね。
広い海浜公園のキャンプ場だから、山ん中に比べたらまだましだけど、
なんか音がするとビクッとしてしまう。
飯食ってたら遠くのほうに人の声が聞こえたんだけど、それさえもビクッとしてしまいました。

ビール飲んでしのぎ、寝ました。

d0023622_22512090.jpg鳥取砂丘。高く積もった砂。始めてみる光景にワクワク。




d0023622_2258519.jpg
高台から見る日本海にウットリと癒される。




d0023622_230396.jpg一番急な所をあえて上りたくなるのはなぜだろう。下りは楽しくて思わず駆け降りてしまった。




d0023622_2345662.jpg
出雲大社。しめ縄が…↓↓↓




d0023622_23722100.jpg巨大。しめ縄のワサワサした部分に参拝者が揃って小銭を投げて差し込もうとしている。
願いが叶いそうなので真似してやってみる。
10円玉で苦戦後、100円玉でチャレンジ。「サクッ」という好感触とともに見事ささって、大満足。希望に胸膨らむ。




d0023622_23263042.jpgキャンプ場での出会い。出雲大社の効力か。。。
あまりに人間慣れしてるので辟易。餌一口もあげなかった。肥えてたし。
[PR]

  by macbeth30 | 2009-10-09 23:32 | 旅日記

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE