<   2006年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

2月17日

さてさて。2月17日のライブがやっとこさ詳細が決まりましたので、
ご報告させていただきます。出演時間等は未定でございますが、
まあ、オールナイトのイベントなので、のんびり踊りながら楽しんでください。
文面は、オーガナイザーの方が書いたものをそのまんま転記いたしますです。
是非、来られたし!

あとフライヤー持込で料金安くなりますので、是非入手して
持参してくだされ。

2月17日(金) @渋谷LUSH
http://www.toos.co.jp/lush

mind the JAP

日本とヨーロッパの音楽をつなぐレーベル、Japan Audio Prodctionsが
ドイツからゲストを迎えて初のライブイベントを開催。
ベルリンRoter Salonにてエレクトロラウンジの中心的DJの
bymskiと宝塚歌劇団に13年在籍後ベルリンにてtheater performer
として活躍中のyuuki kaoruがユニットを組み、日本で初公演。
日本からは、グルーヴィーでサイケなダンスミュージックを生み出す
異色ジャズバンドindigo cage airlines、テクノとロックが混沌と
交じり合うバンドmacbeth the imprish clubが登場。
また、JAPにおいてその強烈なビートとオリジナリティをもつ
electroで日本とヨーロッパをつなぐ中心的役割を果たす
フランス人アーティストfleckがラップトップライブを披露。  



open 24:00
start 24:30

charge 2500(1D)
*2000 with flyer

special guest
bymski(Urban Jungle Berlin - Elektrolounge)
with yuuki kaoru(kansai/berlin)

bymski: http://www.bymski.de
yuuki kaoru: http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Miyuki/2159/

indigo cage airlines
macbeth the imprish club
fleck(e-watt rec/fr)


ROCK(HaNkY PhuNKy)
mamiko-san(J.A.P. rec/jpn)

*当日テキーラショット¥200で御提供


主催:Japan Audio Productions

[PR]

  by macbeth30 | 2006-01-31 21:21 | ライブ情報

メンバープロフィール

d0023622_1361097.jpgTake (Guitar & vocal)
・バンドの発起人。楽天家・能天気・計画性なし、という負の3連符をライトハンドで叩き出すB型男だが、やるときはきっちりやりたい、と本人は思っている。音楽的にはブラックミュージック〜ブルース〜ハードロック〜UKロック〜ダンスミュージックと変遷し、最近はボサノバ・サンバまで手を伸ばす。趣味は読書と洗濯。好きなアーティストはビリー・コーガン、ライアン・アダムス、作家ではディクスン・カー、体術ではジャッキー・チェン。
・酒力(生粋のロシア人をLv100として) Lv40 下の奴らには負けます。一人除いて。


d0023622_1393046.jpgKa10kun (Guitar)
・人間とは何か?人間の魂の救済とは?という哲学的命題さえ考えさせられるバンドの反面教師。性格は極めて温厚。ダメだしなど滅多にしないが、ダメだしされないことは滅多にないグラムロック好き。楽器歴はメンバー中最も長く、特徴的なギタープレイでみんなを黙らせる。好きなアーティストはレディオヘッド。以前、トム・ヨークと一緒に仕事をしたことが自慢。かわした会話は「Show me pass!」
・酒力  Lv25 かつて、「アルコールの何がいいの〜?」っつったことあり。


d0023622_1411553.jpgAn-Chu (Bass)
・身長187〜183cm。季節・精神状態によって変化。ベースを持った立ち姿は天下一品だが、小指は使えない。コンピュータ・車・バイク・焼き肉などメカ系に強い。アウトドアもお手の物で、バーベキューはいつ何時、車の中でも敢行。影響を受けたアーティストはストーンローゼスのベースの人。なぜか弾きづらいジャズベースを愛用しているところに、この男のこだわりを感じる。過去にニューヨークでモデルにスカウトされたことあり。(マジです。)
・酒力  Lv90〜40 こちらも季節・精神状態によって変化。  



d0023622_1403083.jpgTaku-A (Drums)
天才ドラムス兼変態ドラムスコ。メンバーの中で最もダンスミュージックに造詣が深いが、同時にへヴィメタルにも憧憬を隠せないアンビバレントな精神は、丸まった背中にも表れている。一見どーみても和風、むしろ公家顔のくせにじつは帰国子女 from ワシントンD.C。趣味は東京中を散歩して、飲み屋をチェックすること。高校生の時は、時代を一歩ななめ前に先取ったロングヘアーだった。影響を受けたアーティストはルイ・アームストロング、鳥肌実。
・酒力  Lv90 飲みが佳境になってくると「オレをぶってくれ!」と叫びだします。


日々是戦場! 乾杯!
[PR]

  by macbeth30 | 2006-01-30 01:45 | profile

曲のダウンロードサービス始めました!

つーことで、ダウンロードサービスを本日ついに開始。う~ん、なかなかブログも充実しつつあるねぇ。にしても、ネットの威力ってのはスゴーイ!今どきはパソコンあれば即なんでもゲットできるって感じだね。思い起こせば以前、ネットショップで友人が1足160円くらいのスニーカーを発見し、友人全員の力でこれでもかと大量に大人買い。俺の家にダンボール一杯のスニーカーが着払いで届くもみんな注文しただけで満足。誰一人金も払わない取りにも来ないなんつー事件もありましたよ。まさにコンピューターにしてやられたって感じ。いや、メガネの友人にだな。
 そんなコンピューター力を今度はMacbethが使ってやる番ですわ。よし、音楽配信スタート!飛んでけー、Macbrth音楽!世界に散ってけーってな感じです。で、第一発目は例のレコーディングホヤホヤの「Auschwitz」。そうそうアレ、ヒゲ工場長の曲っす。
 ダウンロードやり方は簡単。下のアドレスをクリックしてMacbethの紹介ページにジャンプしたら、ページの下にあるボタンをクリックするだけよ。青ボタンは試聴、赤ボタンは曲のダウンロードです。ファイルはMP3なんで、iTunes/Real Player/Media Player等の環境があればOK!!
 この曲聴いたら100っパーやられるよ。ぜってぇ~やられるよ。それじゃーみんなで聴いてみよう!以上Anchuでした。
 
  http://www.muzie.co.jp/cgi-bin/artist.cgi?id=a039037



 
 
[PR]

  by macbeth30 | 2006-01-29 23:27 | 曲のダウンロード

またまた

先日ライブが一本決まったばかりでありましたが、
実はさらにもう一本決まっちゃたりしちゃったり!

時は2月9日(木)、場所は新宿JAM。
われわれがよくやるところであります。
今回はブッキングの方がイベントした企画に
参加するといったかんじです。結構バラバラなジャンルだそうであります。
まあ、JAMの人が一押し! といっていたので、イベント自体も
面白いんじゃないかと。
ぜひ皆さんきてくでー

OPEN18時~ START18時30分~
出番未定
入場1700円

ちゅうことで、また詳細が決まったらご報告なのです。
17日のライブと近いけど、お願いだからきてくださーい!

takuA
[PR]

  by macbeth30 | 2006-01-21 12:16 | ライブ情報

どうでもいいけど

新年早々、BAのAが書き込みをしておりますが、
なんとなくAUSCHWITZの説明があまりにも無茶苦茶なので、
補足しちゃおっかなー、なんて。
っていうか、誰でも知ってるし、そんな説明別にいらないのかもしれんけどよ。
アウシュビッツは、ナチスがポーランドに作った強制収容所のことですな。
ここにポーランドの囚人(政治犯がほとんど)やユダヤ人を大量に連れ込んで、
ガス室や銃で殺しまくったわけです。
つまり。
僕等が勝手にイメージしてる、工場でせっせか働いて、しばかれて、
なんてイメージじゃなくて、もっと凄惨な訳。
ま、ただアウシュビッツの入り口には
「ARBEIT MACHT FREI」(働けば自由になる)
ってな看板があるんで、あながち間違ってもいないんだけど。
働くとき囚人は、外にいって、戻ってくるときには死体に
なってた、なんてこともままあったこと。

そんな場所を、すんげー偏見なイメージでタイトルにしてしまったわれ等。
あっぱれです。

個人的にはもし、アウシュビッツのPVを
撮ることになったら、現地で撮影したいなー、
と勝手に思っているのですが、それこそ銃殺もんか。

さらに。
今度のイベント、ドイツ人のDJいるんですけど、大丈夫かな……。
d0023622_3495377.jpg
d0023622_1621232.jpg

[PR]

  by macbeth30 | 2006-01-11 23:25

ライブ確定!

うらうらうらー!
ということで、何故にこんなにテンションが高いかというと、
やっとこさライブが決まったのであります。
思い起こせば去年の最後のライブは9月3日。
それからレコーディングと称して、4ヶ月も沈黙しておった訳でございますが(その癖まだ1曲しか録れていない……)、ようやくその沈黙を破るときが来たわけです。
時は2月17日。場所は渋谷LUSHと、以前やったところでございます。
イベント内容は基本エレクトロ・ドラムンのDJがメインとなって、
クラブジャズなバンドと私等テクノロックバンドが間に挟まる、といった感じ。
もう踊りまくりな夜になるわけです。
時間・出番などはまだ確定しておらんのですが、
決定次第、そりゃもう速攻でお知らせいたします。
ぜひぜひご友人・ご家族お誘いあわせの上、
踊りに来てくだされ!(DR・takuA)
[PR]

  by macbeth30 | 2006-01-11 23:11 | ライブ情報

明けましておめでとうございます!

 ついに2006年に突入です。正月です。つーことでブログ作成半年以上経過してんのに、初めて投稿を試みるbassのmareです。俺が小さな頃は2006年ってのは絶対的な未来であり、「neo Tokyo city」には空飛ぶ車が行きかい、超高層ビルの200階あたりで自分はロボットとカードゲームをしているか、もしくは廃墟と化した東京の崩れたビル郡の片隅で地下組織に入り、ハートやクラブのマークをつるっぱげの側頭部に彫りこんだムキムキの強敵共と日夜闘いを繰り広げていると思い込んでました。
 ところがなんでしょーねぇ、まったくもって2006年正月、テレビ見ながら年賀状ってなわけです。ぐーたらなんですわ。んなことはどーでもいいんす。さてさて、そんな正月の有り余る時間の中でやっとこさっとこ、アルバムに納める予定の1曲目auschwitsの編集が終了しやした!3曲入りを目指しているミニアルバムの完成もあとわずかです。Macbeth CDを待ち望んでいる方々楽しみにしていてくださいよ。
 つっても、俺達のCDは実は完全な手作り。自分達の手だけで試行錯誤の中で作ってます。なんせ録音の仕方も分からん状態からのスタート。金をかけたくない一心で、一年以上あーでもないこーでもないを繰り返した後、結局純粋に楽器だけで録り、それをただパソコンでいじっただけであります。Macbethの悲惨なレコーディング風景を見たらびっくり、なんでみんな神妙にヘッドホンつけて密集してんの?なんて。でもその後に俺達のアイデアに感動するはず。とにかく初アルバムは荒削りが売りっす。
 はてさて、そのauschwitsなんですが、その名の通り旧ドイツなイメージの曲な訳です。鼻の下に長い口髭はやしたデブった工場長のもとにベルトコンベアーで流れてくる部品をひたすら組み立てる工場夫の古いフィルムな雰囲気で作りました。完全に偏見っす。これが見事にはまってハイル~、テクノダンス!な感じなんすよ。今度ライブや完成したCDでそんなことをイメージしながら踊ると楽しいと思われます。
最後にぃ~!live情報ぅ~りぃりぃりぃりぃりぃ~!まだ確定ではないですが、2月に渋谷にてオールナイト企画でMacbethが演奏しそう。楽しみだぜー。みなさんも楽しみ?でしょ?だけど、もしぽしゃっちゃった時はすみませんです。続報期待すべし。それじゃ、よろしく!
[PR]

  by macbeth30 | 2006-01-02 02:18 | news!

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE